自衛隊

毎日のように、九州地方での震災のニュースが報じられていますね。残念なニュースもあれば、奇跡的に助かった命や頑張る人々の、力強いニュースもあります。

そのニュースの陰で活躍するのが、自衛隊の皆さんではないでしょうか。私の知人にも自衛隊に所属している人がいるので、人事のように思えないんです。

被災地の中で起こる食料や寝る場所の問題は、被災者の皆さんを悩ませます。では自衛隊の皆さんは、いったいどんなふうに被災地で生活しているのでしょうか。

自衛隊の皆さんは自分たちの食料を持参しているのだとか。缶詰や非常食を食べています。交代で被災地に赴き、駐屯地に戻れば温かい食事もよい寝場所もあります。

とはいっても、厳しい仕事だと思わされますね。24時間態勢での救助活動とか、物資の配給とか。現場を見て働くことは、心にも身体にもこたえるのではないでしょうか。

頼りになる自衛隊の皆さんにも、災害ボランティアで活動する皆さんにも、穏やかな時間が少しでもあることを願います。